クリスマスの食品といえばチキン

クリスマスに食べる食品といえば何でしょうか。
お寿司、ステーキ、焼き肉など子供たちが好きな食事はもちろんですが、どの家庭にも大抵あるのはチキンではないでしょうか。
でもどうしてチキンをクリスマスに食べるのかご存知でしょうか。
ここではチキンを食べる風習についてご紹介します。

・クリスマスにチキンを食べるのは日本だけ
このクリスマスにチキンを食べるという風習は実は日本だけというのをご存知でしたでしょうか。
日本ではごく一般的な事ですが、外国の人から見るとすごく不思議な風習のようです。
そもそもアメリカでは七面鳥(ターキー)を食べる風習があり、その他の地域でも基本的には七面鳥を食べるのが一般的のようです。
なぜクリスマスに七面鳥を食べるのかというと、当時アメリカに移住したキリシタンがお祝いの比に七面鳥を食べていたため、クリスマスも七面鳥を食べるという文化が広まったというのが一般的な説です。(諸説あります)

・ケンタッキーがクリスマス=チキンの起源?
日本だけチキンを食べる風習になったのは、実はケンタッキーフライドチキンがクリスマスにはチキンを食べようと打ち出したのが要因です。
今でいうと恵方巻をコンビニが節分の日に恵方を向いて食べようというのを打ち出しているのと一緒ですね。
1970年代の出来事ですが、当時日本に七面鳥を食べる習慣が薄かったのと、チキンが手軽に購入できて味もおいしかったことから日本国内で瞬く間に広まっていったのです。
今でこそスーパーや百貨店などでクリスマス用のチキンを購入することが出来るようになりましたが、当時はクリスマスのチキンといえばケンタッキーフライドチキンのチキンだったようです。
そういえば祖母や祖父がケンタッキーを買ってきてくれていたなと思いだしますね。

そもそもクリスマスの日にチキンを食べるという風習が一回りして少し薄くなってきているような気がしますが、今年のクリスマスは是非チキンを食べてみてはいかがでしょうか。
暦の並びで家庭によってパーティーをする日は異なるかとは思いますが、チキンは24日、25日のどちらの日に食べても良いようです。

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ