ぐんま 三大梅林 箕郷 へようこそ!

関東平野を一望する丘陵300ヘクタールに10万本の梅があります。樹齢100年以上の、見事な枝振りの古木もあります。見渡す限りの梅の花は白い花、赤い花、素晴らしい眺望が楽しめます。元々は梅の実の収穫を目的に栽培されたようですが、栽培面積広がり有名な梅林になりました。

( 行き方 )東京方面からは関越自動車道のご利用をお勧めします。走行中には進行方向左前に榛名山が見えてきます。箕郷梅林は榛名山の南東斜面に位置しますので、まずは前橋インターを出て箕郷(みさと)方面へ向かいます。ナビで(みさとばいりん)セットすれば確実です。約30分位で到着するでしょう。

2会場あり、善地会場では様々な散策路と見渡す限りの眺望が楽しめます。蟹沢会場では梅公園や茶店、特産品を扱う土産物屋が軒を連ねます。上毛三山の一つ、榛名山を背景に広がる榛名梅林。梅林内の見晴台からは、自然のままの雄大な景色が一望できます。

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ