日本の冬の定番アイテムとしての炬燵のメリットとは

日本の冬の定番アイテムとして炬燵を上げる人は多いかと思いますが、日本人の生活様式の変化によって炬燵を持たない家庭も多くなってきました。
しかし、それに伴って炬燵自体も様々にその形状や機能を変化させていっています。
洋風の家に合う様なデザインの物から、一人暮らし用の炬燵、また足長テーブルに対応した炬燵などなど。
そして炬燵は使い方によっては特に快適に日常生活を送れるだけでは無く節電効果としても注目されるようになってきました。

・炬燵で節電効果を高める
炬燵を使うことによって得られるメリットは様々にありますが、まずはその節電効果についてみていきましょう。
炬燵はエアコンに比べて省エネ効果が高いメリットがまずはあげられます。
同じ室内で暖をとる場合でも炬燵とエアコンの電力消費率は大きく変わってきます。
ただし空間全体を温めたいという時にはエアコンを使用する事になりますので、生活様式に寄っては炬燵が不要という御家庭も少なからずあるでしょうが、テーブルを良く使う御家庭や食事を集まって取る時などには特に重宝しやすくなっています。

・炬燵で効果的な暖房効果を実感
また、他の炬燵のメリットとしては、足元や腹部等、体の下半身を重点的に温めてくれるというメリットがあります。
人間は寒さを足元や手先から感じる物ですが、室内に置いては特に足や手先等の末端を温めることによって体を温めやすくなります。
特に末端冷え性の方にはしっかりと下半身を温める事が出来ますので、お勧めのアイテムとなっています。
他にも、温める時の匂いが少ない点や、比較的直に温かくなる点などもメリットとしてあげられるでしょう。
炬燵は節電のしやすい便利なアイテムとしても、また家族団欒を楽しむアイテムとしても最近になってまたそのブームが盛り返してきたアイテムです。
使い方の注意はどの暖房器具にも有る様に炬燵にもありますので、しっかりと安全を確保しながら使用してみてください。
快適に冬を乗り切るための頼れるアイテムの一つとなっています。

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ