男性用ブーツの種類とそれぞれの特徴

男性用ブーツには様々な種類が有りますが、それぞれのブーツの特徴はどの様な物があるのか、という事は御存じでしょうか。
ブーツ自体のシルエットから、使用されている素材、また靴底の素材等もタイプによって変わってきます。
男性用ブーツというと中々選び辛いという人も多いかもしれませんが、意外とはき心地の良い物も多くなっています。
日常的にはいても違和感のない物や普段着にファッションとして合う物も多くデザインされています。

・男性用ブーツのスタンダートタイプ
ブーツの中でも特に基本的なブーツをいくつかあげて、その特徴をとらえて行ってみましょう。
「ワークブーツ」は労働者が作業中に履いているようなブーツ、という事でカジュアルで動きやすいデザインとなっています。
牛革やレザー等が主に使われており、丈夫で防水効果も高いブーツです。
特にブーツの中でもファッションに合わせ安いスタンダートなブーツとなっています。
「サイドゴアブーツ」はシンプルなブーツの一つです。
様々な場面に合わせやすく、内側にゴムが付いており足にもフィットしやすい仕様となっています。

・場所を選んではきこなしたい男性用ブーツ
「カントリーブーツ」は英国らしい御洒落で少しクラシックな雰囲気のあるブーツです。
紐で編み上げるタイプが多いブーツで、存在感の強いブーツです。
「チャッカブーツ」はカジュアル・ビジネス等どちらにも使えるブーツで、革靴の中でも光沢の無いマットな印象のブーツとなっています。
シンプルで大人っぽいデザインの物が多くなっています。
他にもブーツの種類は様々に有ります。
ブーツの形自体も、ベルトで止めるタイプの物から紐で編み上げるタイプのもの、光沢のあるものから光沢の無いマットなもの、そして丈やつま先の形状等。
そのどのブーツもそれぞれの個性があり、はき応えのある物となっているのではないでしょうか。
日常的にも使いやすく存在感の高い靴となっていますので、気になる人は是非一度自分のお気に入りを見つけてみて下さい。

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ