ダウンジャケットの種類と暖房効果

ダウンジャケットとは中に入っている素材によって得られる効果を様々に変えてきますが、基本的にはその高い保温力を期待されて使用されることが多いでしょう。
1980年代辺りにアメリカから日本へ渡って来たあとも、特に寒い地域での防寒具として重宝されてきました。

・ダウンジャケットの効果とは
ダウンジャケットはより中に含まれる素材がフェザーよりもダウンが多い場合において保温効果が増します。
更にダウンジャケットに求められる物として身につけた時の軽さも重要になってくるかと思います。
軽さとはフィルパワーの数値を見ることによって調べる事が出来ます。
フィルパワーとは、羽毛1オンス当たりの体積を示した数値ですが、この体積が大きければ大きいほど保温機能もまた軽さも期待できる様になります。
数値がしっかりと高い製品ですとダウンジャケットは圧縮回復性という形状記憶的な効果もありますので、小さく丸めて持ち運ぶことも可能になります。

・ダウンジャケットは外側の生地も大切
ダウンジャケットの外側の生地に注目する事も大切です。
基本的にはナイロン、ポリエステルが使用されている事が多くなっています。
ナイロンは軽くて耐久もあり水に強いのですが、やや日光などの刺激に弱いために色落ちしやすいという特徴があります。
ポリエステルは洗濯等にも強く皺等も付きにくいのですが、吸水性が低く静電気が発生しやすく毛玉が出来やすい、また汚れが落ちにくいという特徴があります。
外側の素材によってもジャケット自体の性能は変わってきますので、購入される時にはダウンジャケットをどの様に使いたいかも考えて購入をしてみてください。
最近では保温性だけではなくファッションアイテムとしても注目を集めているので、様々なデザインのダウンジャケットが発売されています。
保湿力とデザイン力が年々向上しているアイテムでもありますので、寒い日などにカジュアルに着こなすアイテムとして取り入れてみるのはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ